占術のご紹介

世の中に沢山ある占い。 その占いも大きく分けると「命・卜・相」の3つの種類に分かれます。
「命」とは生年月日より宿命的や運命的な物を占う方法で、西洋占星術や四柱推命・九星気学・カバラなどがこの「命」にあたります。
「卜」とは偶然の結果から答えを導き出すという占い方法で、一般的な物は易やタロット・ルーン・トランプなどがこれにあたります。
また、道具を使わない方法の夢占いもこの「卜」にあてはまります。
「相」とは形を元にして占う方法で、手相や人相・風水・家相・姓名判断がこの「相」にあたります。

占い方法の選び方は好みで選ぶという方法も一つですが、悩みの種類や求める物の答えによって選ぶという方法も良いでしょう。
ご覧になりたい占術名をクリックしてください。

西洋占星術

西洋占星術は「命」にあたる鑑定方法です。
その歴史は約5000年前の古代バビロニア時代にまでさかのぼると言われ、長年の年月をかけて現在の形へと移り変わっていきました。 西洋占星術の占いは生年月日そして生まれた時間の太陽・惑星・月の位置よりホロスコープを作り出します。このホロスコープとは、生まれた日の重要な星の位置を12の星座・10の惑星そして12の室(ハウス)にあてはめ性格や運勢などの宿命的な事柄を占います。 一般的に良く耳にする「星占い」は、西洋占星術に必要な数ある星の中で大切な「太陽の場所がどの星座にあたるか」により個々の状況を占います。また、生まれた時の東の地平線の点がどの星座から始まるかという上昇宮(アセンダント)も大切な要素と考えられており、これにより基本的な運勢が定まるといわれています。
「火」「地」「風」「水」と星座を4つのグループ(エレメンツ)に分けその角度により占う方法(アスペクト)や、生まれた日の太陽がどの星座にあたりその中でも何度のところに配置するのか(デーク)という細かく分けて占う方法など、西洋占星術では様々な方法を用いて細部まで占う事ができます。

四柱推命

四柱推命は「命」にあたる鑑定方法です。
宋時代の「淵海子平」や「滴点髄」が四柱推命の元となっている文献です。日本には江戸時代この「淵海子平」が桜田虎門氏により翻訳され「推命書」が作成され、明治時代に入り阿部泰山氏や高木乗氏により四柱推命が現在のように広まっていきました。 四柱推命は生年月日そして生まれた時間から、四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)の干支(かんし)を割り出し運命や宿命、性格や運勢などの宿命的な事柄を占います。
よく耳にする「○年生まれ」という言葉は、子丑寅卯・・・という生まれた年の12支で占う占い方法で、四柱推命はその12支に10干(甲乙丙丁・・・)を組み合わせ生まれた年月日時をこの干支で表します。また、東洋占いの基本である五行に分けられより細分化されます。 五行とは「全ての物は木・火・土・金・水で出来ている」という中国の思想で「五行説」と言われ、この5つは更に2つの要素「陰・陽」で分けられるという「陰陽説」とあわさり「陰陽五行説」と言われています。
四柱推命はこれら全ての要素から性格や運勢などの宿命的な事柄を細かく占います。

九星気学

九星気学は「命」にあたる鑑定方法です。
気学の起源は6000年程前の古代中国。気学の基(後天定位)は氾濫した河の中から現れた亀の甲羅の模様(落書)が基となったと言われています。
九星気学は生年月日から星を割り出し運命や宿命、性格や運勢などの宿命的な事柄を占います。また、宿命的な事柄以外にも引越しや旅行・などの吉方位や家相を占う事ができます。
よく耳にする「八方塞がり」や「方角が悪い」という言葉はこの九星気学からきた言葉なのです。
九星気学では使う星を「一白水星、二黒土星、三碧木星・・・」といった1〜9の数字と色そして東洋占いの基本となる陰陽五行で表し、これらの相性・相剋等で占います。

易占いは「卜」にあたる鑑定方法です。
易の起源は6000年程前の古代中国。易の基(先天定位)は竜馬の腹に描かれていた模様(河図)を基にしたといわれています。聖人の書とも呼ばれるこの河図は、中国の代々の王に受け継がれました。そして、周の春秋時代に孔子によって完成されたのが易経です。 易は易経とも言われ儒教の思想の一つで、占いという観点のみならず学問とした顔も持ち合わせています。迷ったとき、人生の指針を導き出す為のテキストが易経です。東洋の思想では、この世の全ては陰と陽から成り立っていると考えられています。天と地、昼と夜、寒と暖、上と下、右と左、男と女、光と影、喜びと悲しみなど万物は絶対的な存在としてあるのではなく、全ては相対的に移り変わってゆくエネルギーの流れの中に存在しています。太陽は東から昇り、西に沈んでいきます。日本から見た夕日は、どこかの国の朝日になり、そしてどこかの国の夕日が、日本の朝日になります。このように陰は極まって陽になり、陽は極まって陰になります。この陰と陽のその時々のエネルギーの流れを読み取って、人生の幸せのために活用していくのが易占いです。
易占いでは50本の筮竹と呼ばれる棒と算木と呼ばれる6本の積木を使います。この道具を使って陰陽の組み合わせからメッセージを読み取っていきます。筮竹と算木を使っての占いは易卦を導き出すまで手間がかかるので、これを省略する為、最近では八面体サイコロや、コイン、イーチンカード等を使う方法が流行っています。イーチンタロットは西洋生まれのタロットカードとは全く別物です。易占いを誰にでも分りやすくする為、易のメッセージをカード化してあります。アメリカで開発されました。
本来、筮竹と算木で決定する易卦ですが、イーチンタロットでは64枚のカードからメッセージを読み取っていきます。いずれの方法でも64種類(地・雷・水・山・沢・火・風・天の組み合わせ)の卦から答えを導き出します。
全てのものごとに偶然はなく起こることは全て必然である、という東洋思想が易学の基本にあります。導き出された易卦も偶然ではなく必然と考えられており、これにより易神からのメッセージを受け取ります。恋愛運、結婚運、仕事運、金銭運、健康運など、道に迷ったときに万能の占いができます。

ルーン

ルーン占いは「卜」にあたる鑑定方法です。
北欧説や北イタリア説と起源が明確ではありませんが、ゲルマン民族が古代の魔術や儀式そして護符として使われてきたと言われています。最後にルーン文字が使われていた記録は中世末期のアイスランドにあります。
当時のヴァイキングにとってのルーンは、中国の易、西洋のタロットと同じ役割を担っていたそうです。話し言葉としては、絶滅してしまったルーン文字ですが、アメリカ人のラルフブラム氏が、「ルーンの書」で神託の道具として広く世間に紹介しました。それまで一般の人達にとってのルーン文字は、博物館で見かけるような古代の記号でしかありませんでした。現在、日本でも知られるようになったルーン占いのルーン文字は24文字で作られており、このルーン文字を石や木片などに刻みこんだ物に文字の刻まれていないルーンを加えた、 合計25個のルーン文字が刻まれた石や木片などで占います。
数種類ある占い方法の中で現代よく使われているドローイングと呼ばれる占い方法は、ルーン文字の刻まれているルーン25個を小さな袋に入れ、そこから一つ一つを取り出し配置しそれらの意味を読み取っていくという方法です。
占い方法は、タロットカードやイーチンタロットととてもよく似ています。一枚引きやスプレッドをリーディングして神託を受け取ります。現代人にとって新しい占いと言えるルーンは、占う問題を限定しません。「良い悪い」を占うよりも私たちの潜在意識と顕在意識を橋渡ししてくれるシンボルと言えます。
元々、古代の人々にお守りや神託の道具として使われていたルーン文字は、スピリチャルに強い関心がある方には特に強力な味方になってくれるはずです。
一つ一つが深い意味を持つルーン文字とその響きは、瞑想のとき、シンボルやマントラとしても使われています。宿命や運命的な物を占うよりも、近未来を占う事に適している占い方法ですが、単なる占いではなく、私たちの心を見えない精神世界に向けてくれるツールでもあります。

タロット

タロット占いは「卜」にあたる鑑定方法です。
神秘的で人気のあるタロット占いですが、タロット占いの起源は定まっておらず、エジプト説や中国説など色々な説があります。 タロットカードは大アルカナ(1の魔術師から始まり0の愚者までの22枚)と、トランプカードの基と言われる小アルカナ(ワンド・カップ・ソード・ペンタクルス4種類が12枚の合計56枚)の合計78枚で占います(22枚の大アルカナでの占い方法もあります)。タロットカードの種類も多数あり「ウエイト版」「マルセイユ版」が一般的です。
タロット占いは長い期間を占うよりも近い未来を占う事に適している占い方法だと言われており目安は3ヶ月程度とも。
占い方は、カードを混ぜ(シャッフル)数々ある展開法(スプレッド)の中から悩みに適した展開法を選びカードを配置していきます。展開されたカードの置かれた向きや数字、絵柄などに意味合いを持ち、これにより問題の解決策や将来性を導き出して(リーディング)占います。

霊感霊視

決まった占い方法はなく、一般的には感じたり聞こえたり見えたりと占う側によって様々です。
また、感じると一言で言ってもそれぞれ感じ方が異なります。
霊視・霊聴等どのような霊的な占いも全てが分るという物ではありません。
しかし相性により上手く通じ合う事が出来ればより見えやすく、心をオープンにされておられればより感じ取りやすいようです。

幸せ開花の霊感は主にインスピレーションを用いています。

初めてお越しの皆様へ

電話占い
ご利用料金/お支払い方法
ご利用方法
便利でお得な二日前ご予約
メール占い
ご利用料金/お支払い方法
ご利用方法
鑑定お申し込み
往復鑑定お申し込み
占い師さん待機日程
プロフィール&待機日程
占術のご紹介
Q&A
占い鑑定ご利用のQ&A
お問い合わせ
  • ご感想メッセージ 掲示板
  • 企業様へのご案内
  • 幸せ開花の対面占いはこちら 奈良県での対面占い師さん大募集
  • 携帯サイト